スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

圧巻のパフォーマンス:追記

先日やたらBeyonceのパフォーマンスを褒め称えたTweetが多かったと思ったらこれだったみたいですね。



最近やたら彼女について書いてるけど別に熱烈ファンじゃないけど、尊敬はしている。

このパフォーマンスは圧巻だし、最後のコメントも好感が持てます。

が!!

今回書いたのはこのパフォーマンスの演出と途中でてくるバックアップダンサー!

この前半の映像を使ったパフォーマンス、以前から日本人のダンサーさんと映像クリエイターさんがやってらして一度TVにも出てらした記憶があったので、探してみるとありました!

カゲム(Kagemu)!!


ヒップホップに空手などを組み合わせ、オリジナルダンスを作ったダンサー「サカクラカツミ」47歳
そして、新進気鋭の映像クリエイター「ハナブサ ノブユキ」のユニット「カゲム」
 番組HPより抜粋

上の映像はTV放送の分ではなくて、これが2009年発表の作品。内容は一緒ですが番組の方を見られたい方は、
以下ORIENTARHYTHMのサイトにある限定公開用リンクから見れます!
こちら一番下にリンクがあります!!Kento Mori氏も出てます

まさかと思うけどこれをパクられたのかな?w それともカゲムが携わってるのかな?w
ちょっと気になりますw

2010年に別のクリエーターさんにパクられた模様…。


そしてもう一つ!!
途中でてくる男性2人!!
最初映像かと思いましたが、あれ本物ですね!!
しかもこの二人ってまさかまさかLes Twinsじゃないでしょうか!?



超Tightでキレッキレ!!かつ独創的!
ダンサーの方々の間では結構有名みたいですね!

コレ昨年のWODというイベントでのパフォーマンス!
 
 
やばいねw

Beyonceしかり、すべてのエンターテイナーに敬意を表したいと思います。



軽い気持ちで書いてたんですが、どうも盗作疑惑で物議を呼んでいるみたいですね!!

まずBeyonceは先日のパフォーマンスをするにあたって、Lorella Cuccariniのパフォーマンスに影響されて、実際に演出チームに会わせてもらって、協力を依頼。
ちなみにそのクリエーターさんが、Kenzo Digitalという日本人。

そして、そのKenzo Digitalが関わった、Lorella Cuccariniの2010年のパフォーマンスが以下。



これ音も完全に…。要所要所完全にKAGEMUからのパクリ。。。

これってBeyonceLorella Cuccariniがパクったわけでもなく…
Kenzo Degitalがパクってんじゃん…。。。

正直、パフォーマンスする側は必至でやってるわけで、すばらしいパフォーマンスには違いないのだから素直に賛辞を送ってあげたい。なのに演出に携わる側がこれじゃもともこもないでしょ。

KAGEMUがかわいそうすぎる…。Beyonceもある意味被害者な感じ…。

KENZO DegitalってDee & Ricckyとかお洒落なものから、City Of God's SonみたいなBlack関連まで一杯携わってるみたいだけど、これはいくらなんでもひどい。

サカクラさんのコメントも含め、経緯がみやすかったとことろがあったので、どうぞ → こちら

スポンサーサイト

tag : Beyonce Kagemu Lorella Cuccarini KENZO Degital Les Twins カゲム サカクラカツミ

コメント

非公開コメント
Pick Up
UN7.jpg  Urban Next R&B Masterpiece
     selected by Shintaro Nishizaki
    2012/01/25 in stores!!
 HMV / TowerRecords / TSUTAYA / amazon
Recommend
  Ronnie James
     “Better
   with Luke James,
     Rocki Evans
    & Olamide Faison
BGM

Luke James - The Answer by whoislukejames

SEARCH
閲覧にあたっての注意事項
 閲覧頂きありがとうございます。

・Blogについて
このBlogは著者の好みの内容や、個人的な感想で書いております。 主に音楽についてのBlogです。

・記事について
あくまでも素人の文章で、個人的に調べられる範囲のことを元に書いていますので、事実と異なる内容も含まれることもあります。あらかじめご了承下さい。
*ここの記事の内容等で、問題が発生した場合でも責任は負いかねます。

・コメントについて
基本的に、いつでもどんな内容でもBlogの趣旨にそったものや連絡などについては大歓迎です。 あまりにBlogの内容とかけ離れたものや、他人を中傷するような内容である場合は、削除させて頂く場合もあります。

・Downloadについて
このBlogでのDownloadリンクは、あくまでもArtistの意向、もしくは直接許可を得ている場合のみリンクを貼り付けています。基本的にFree DLが可能なもののみになります。それ以外のリンクは貼りませんので、違法DLを推奨するものではありません。もし違法な場合があれば、すぐに削除致しますのでご連絡下さい。

以上の点ふまえて閲覧頂ますよう、よろしくお願いします。

LOG
FC2 COUNTER
MAIL FORM

名前:
メール:
件名:
本文:


Real Time Analytics